2012年02月12日

同人音楽3選

いつもお世話になっている、同人音楽同好会さんの企画に乗ってみました。

自分は昨年秋M3は不参加だったので、少し偏りはあると思いますが
フラットな立場で一ファンとして書いてみようかなと思います。


さよならさみしいおんなのこRUN GIRLS RUN (chie fukami)

深水チエさんのセルフプロデュースCDです。
彼女の作品は一昨年頃から追いかけているところです。
世界観から曲、歌詞に至るまで深水さんの内面だったり
表現したいものだったりが繊細に描かれている。
女性らしい音、というのも表現が難しいけど深水さんの曲からは
細やかで柔らかな女性らしい音が聞いてとれる。
目を閉じてゆったりと音と声の世界に浸りたいCDです。


キミノコロスズメチューン

試聴して驚いた。
この感じは久しぶりだなぁと。
まさに独創的、ってのが当てはまるだろう。
自分の趣向はあんまり世間一般とは馴染まないところが
あるけれどこの人たち大丈夫なのかなと思ったぐらい(笑)
ジャケットのセンスといい。
試聴してハマったので、M3不参加だったにも関わらず知人に
購入をお願いして送ってもらったぐらいです。
もっといろんな引き出しを期待させる一枚でした。


"NUMBERS!! -Do you like Upper Cut?? 3!!-"doubleeleven UpperCut

ここでちょっと趣向を変えてみる。
コンポーザーの山下航生とボーカルのakariのユニット
daubleeleleven UpperCutの3つめのCD。
内容はノリノリエロw
おバカな感じとは銘打っているけど、しっかりじっくり聞くと
これが本当に上手く作られている。
歌詞は山下さんが書かれているのだけど、上手いなぁといつも感心する。
サウンド面も彼のこだわりが随所に表れていて素晴らしい。
最初に彼らの曲を聴いたとき、また凄いユニットが出てきたなと思ったけど
ボーカルのakariさんもまた凄い。
表現力、回転、どれをとっても素晴らしい。
エッチなゲームでも大活躍のお二人なので、これからも
いろんな曲を聴かせてくれることに期待している。
posted by カヲル at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック